ページの上部へ

4C

4つの「C」が
ダイヤモンドの品質基準

4Cは、ダイヤモンドを評価する、世界共通の基準値です。
ダイヤモンドの品質を評価するために定められた、CARAT、CUT、COLOR、CLARITY。
この4つの頭文字「C」を取って、4Cと呼ばれています。
4Cは、ダイヤモンドを選ぶ目安となります。

ダイヤモンドの品質

CARAT(カラット)とは

宝石の重さを表す単位です。1ctは0.2gに相当します。

  • 0.1ct
    0.1ct
  • 0.2ct
    0.2ct
  • 0.25ct
    0.25ct
  • 0.3ct
    0.3ct
  • 0.35ct
    0.35ct
  • 0.4ct
    0.4ct
  • 0.5ct
    0.5ct
  • 0.6ct
    0.6ct
  • 1.0ct
    1.0ct

Ginza Rimではご希望のカラットを、自由にお選びいただけるよう、
豊富に取り揃えております。

CUT(カット)とは

ダイヤモンドのプロポーションの評価です。プロポーションはダイヤモンドを輝かせる上で最も大切な要素です。カット評価の高いダイヤモンドは、プロポーションが美しいために光の反射率が高く、より美しい輝きを放ちます。

  • 3Excellent 
    Heart&Cupid

  • Excellent 
    Heart&Cupid

  • Excellent
  • Very Good
  • Good
  • Fair
  • Poor

Heart&Cupid(ハート&キューピッド)とは

ハート

ハート

キューピット

キューピット

究極のシンメトリー(対称性)によって生まれるダイヤモンドからの光の反射像。精巧なカットによる対称性に優れたダイヤモンドのみ見えるハート(パビリオン側)とキューピッドの矢(クラウン側)のパターンです。
Ginza Rimでは、カット評価最高級のトリプルエクセレントを中心に取り揃えております。

COLOR(カラー)とは

ダイヤモンドの色味、無色透明度の評価です。無色透明なダイヤモンドほど良質なダイヤモンドとして評価されます。黄色味を帯びたダイヤモンドは評価が低く、D~FカラーのColorlessと呼ばれるダイヤモンドが人気があります。

D E F G H I J K L M Z
Colorless D Colorless E Colorless F Near Colorless G Near Colorless H Near Colorless I Near Colorless J Faint Yellow K Faint Yellow L Faint Yellow M Yellow 〜Z
Colorless Near Colorless Faint Yellow Yellow

Diamondの頭文字Dから始まり、Zまでの23段階に分類されます。
Ginza Rimでは、婚約指輪のダイヤモンドにふさわしい、D~Gカラーを中心に取り揃えております。

CLARITY(クラリティ)とは

ダイヤモンドの透明度の評価です。天然石であるダイヤモンドには、微細な内包物(インクルージョン)や傷が存在します。10倍に拡大をして内包物の割合を評価します。内包物の発見が難しいVSクラス以上のダイヤモンドが人気があります。

FL IF VVS1 VVS2 VS1 VS2 SI1 SI2 I1 I2
FL、IF VVS1、VVS2 VS1、VS2 SI1、SI2 I1 I2
無傷 10倍の拡大で内包物の発見が非常に困難です 10倍の拡大で内包物の発見が困難です 10倍の拡大で内包物の発見が容易です 肉眼で容易に内包物が発見できる

Ginza Rimでは、婚約指輪のダイヤモンドにふさわしい、VSクラス以上のダイヤモンドを中心に取り揃えております。

RESERVATION

銀座店

TEL03-3573-6600

11:00-19:00木曜定休

神戸店

TEL078-333-0662

11:00-19:00木曜定休